バストアップに効果のあるマッサージとは?

誰でも簡単にできる!バストアップ体操のやり方

豊満なバストは女性の憧れですが、バストアップするためには、どの部分の筋肉を鍛えればいいのでしょうか。簡単に言うと、バストアップとは、胸筋を鍛えるということです。バストは、胸筋や乳腺、その上の皮下脂肪で構成されています。鍛えるといっても、ボディービルダーのようにムキムキになるわけではなく、胸筋に適度な筋力をつけることで、インナーマッスルが鍛えられ、その上を覆っている脂肪とのバランスがよくなり、上向きで張りのあるバストを手に入れることができます。
一番簡単な方法は、デスクに座り、片手で机を持ち上げるような感じで、机の下に手を差し入れて、下から上に向かって押し上げてください。この時、机が浮き上がってしまっては意味がないので、力をかけても簡単に浮かない大きめのデスクがお勧めです。これを左右片手ずつ行います。毎日短時間ずつでいいので、このエクササイズをして胸筋を鍛えましょう。脇下から胸のあたりの筋肉に力が入っていることを確認しながら行うことがポイントです。これと同じ場所の筋肉を鍛えるのに腕立て伏せがありますが。非力な女性には、前者のほうが断然おすすめです。

バストアップに効果あり!おすすめの食べ物とは

バストアップには、筋トレに加えて、効果を促進する食べ物を摂取する必要があります。バストは単に皮下脂肪をつければ大きくなるわけではありません。それでは肥満になるだけで、たるんだバストになってしまいます。上向きの張りのあるバストを手に入れるために、女性ホルモンの含有量の多い食べ物を摂取することが大切です。
一般的に手に入れやすく、食べやすいものとして、豆乳、納豆などの大豆製品や、キャベツがおすすめです。特に、豆乳はイソフラボンが豊富ですし、最近では、味もまろやかで飲みやすい調整タイプのものも多数販売されていますので、手軽に摂取できる食材です。
また、バストアップのエクササイズ効果を促す食材として、鶏ささみがおすすめです。こちらは筋力をつけるのに効果があるだけでなく、女性に嬉しいコラーゲンも含まれておりますので、是非合わせて摂取したい一品です。